にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2017年04月20日

惣山から紅山へ

 元職場のOB仲間14人で、小野アルプスの惣山199mから紅山184mへ登ってきた。
 小野市来住の男池駐車場から出発し、少し歩くと女池の向こうに惣山と紅山が見渡せた。
 


 案内板を見てから、左手の総山へ向かう。



 薄緑の新緑に春を感じながらきすみの森を通り、登っていく。



 鴨池から1時間で総山山頂に到着し、見晴らしのいい岩場でランチタイム。



 紅山とその左奥に志方の城山、その左奥には高御位山も見渡せた。



 たっぷりと昼食休憩し、紅山へ向かうと、途中、ヤマブキが群生していて、ちょうど花盛りだった。



 40分で一枚岩の紅山の麓に到着し、山頂を目指す。



 次第に傾斜がきつくなり、途中からは手を使って登っていく。



 直登に自信のない人は、途中から右手に巻きながら登り、山頂に到着。
 


 紅山を下山し、鴨池へ戻っていく。
 歩行時間:2時間40分、歩行距離:6.1km。
 ミツバツツジが鮮やかな春の里山を、賑やかに歩いてきた。
     
          my homepage

  


Posted by もーさん  at 23:07Comments(0)播磨の山

2017年04月20日

みづめ桜から樽見の大桜まで縦走

 昨日、yamayaさんのヒマ山隊9人で、養父市の御祓山773mに登り、みづめ桜から樽見の大桜へ縦走してきた。
 大屋町糸原の登山口から花盛りのミツバツツジと、右手に須留ヶ峰を見ながら登っていく。

 

 登ること約1時間でみづめ桜に到着。
 去年もこの時期に来て、みづめ桜が満開だったが、今年も見事に真っ白な花を咲かせてくてれていた。



 そして、今年は、桜の後ろに残雪を纏った氷ノ山を見ることが出来た。



 みづめ桜から30分で、眺望はないが3等三角点のある御祓山山頂。



 集合写真だけ写し、縦走尾根を下り樽見の大桜へ向かう。



 約1時間で農道に出合い、直ぐに広い農地が現れ、振り返ると御祓山が綺麗に見渡せた。



 途中、国指定天然記念物の大アベマキに立ち寄る。



 そして、大アベマキから30分で樽見の大桜に到着すると、残念ながらこちらの花はほとんど終盤だった。
 


 歩行距離7.7km、歩行時間3時間30分。充実のお花見ハイキングだった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 20:48Comments(0)但馬の山

2017年04月13日

長水山を散策

 宍粟50名山の長水山585mを歩いてきた。
 以前、新緑のアベマキを左手に見ながら緩やかな散策道を心地よく歩いたことを思い出し、ヒルシーズンが来る前に出かけることにした。
 標高約300m地点の林道終点登山口から緩やかな上り道を真っ直ぐに歩き、右手に曲がると尾根筋になって左手にアベマキ林が続く。
 しかし、樹林は期待した新緑にはまだ早く、芽吹き始めたところだった。



 ハイキングというよりも散策という方がふさわしい、間伐材で敷き詰められた緩やかで広い道がつづく。 



 1時間10分で、長水城跡に建てられた日蓮宗新徳寺のある山頂に到着。





 山頂からは東から南に大きく展望が開け、南東側には山桜で色付いた高取山と、その後には明神山が頭を出していた。



 南側に目を向けると、もみじ山の向こう側に瀬戸内海が見え、男鹿島らしき島影が浮かんでいた。



 北側を見ると、どっしりとした水剣山872mがすぐ間近。



 帰路は同じ道を折り返し、時間が早かったので4等三角点のあるピークへもう一度上り返したが、こちらは三角点の標柱があるだけだった。



 歩行時間は登り1時間10分、下り50分、プラス4等三角点ピーク周回55分
 歩行距離は往復5.9km+周回2.5kmだった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 15:47Comments(0)播磨の山