にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2018年07月19日

涼を求めて白馬雪渓を登る

 7月上旬に梅雨が開けると連日35度超えの猛暑が続き、近場の山には暑くて登れない。
 涼を得るため、白馬岳の大雪渓を目指してFT君と出かけた。
 16日朝高砂を出発し、夜は白馬アルプスオートキャンプ場でテント泊。
 17日朝、バスターミナル6時発のバスで猿倉へ。
 猿倉登山口から約1時間歩くと白馬尻。
 アイゼンを装着して雪渓に足を踏み入れると、これまでの汗が一気に引き、最初は心地よく歩いていく。





 しかし、雪渓歩きは結構ハードで、2時間余かかって葱平に到着したときには足はガクガク。
 足下に広がるキンポウゲのお花畑が、何とか息を整えさせてくれた。



 花に癒やされながら、1時間半ほどかかって稜線に上がる。



 宿舎は白馬山荘。
 夕方、宿舎前から見える立山連峰がきれいだった。



 翌朝、4時22分の日の出に合わせて、1号館の上の高台に上がる。
 4時40分:ご来光。



 5時からの朝食を済ませ、6時30分宿舎を出発し、下山口の栂池自然園へ向かう。
 小蓮華岳に登る稜線で振り返ると、白馬岳-白馬鑓ヶ岳-五竜-鹿島槍ヶ岳への稜線が連なっていた。



 鹿島槍ヶ岳の右奥に浮かぶ穂高連峰と槍ヶ岳をアップ。



 出発から3時間半で白馬大池に到着し、ここで小休止。
 大池から小蓮華岳を望む景色は絵になる。



 乗鞍岳を越えると現れる雪田を慎重に下る。



 中の原湿原で、下って来た雪田を見ながら昼食休憩。



 湿原から約1時間で栂池自然園に到着し、ロープウエイとゴンドラを乗り継いて下山。
 予想を超えるハードな2日間だったが、真夏の雪遊びを堪能した2日間だった。
  歩行時間 17日 約7時間    18日 約6時間
  歩行距離 17日  8.2km     18日 10.5km

  


Posted by もーさん  at 23:00Comments(0)全国の山

2018年06月14日

東床尾山と鉄鈷岳をピストン

 yamayaさんのヒマヤマ隊4人で登る。
 東床尾山839mは兵庫100山に選定されている人気の山だが、尾根を東側にたどっていくと鉄鈷(かなとこ)岳775mがある。
 西床尾山843mと合わせて糸井三山と呼ばれているとのこと。
 西床尾山と東床尾山の周回ルートはよく歩かれているが、鉄鈷山へのルートは余り歩かれていない。
 ヒマヤマ隊好みは、当然このマイナールートだ。
 西床尾山の登山口前を過ぎて、東床尾山登山口を左に見ながら綺麗に舗装された林道床尾線を約3km、標高約640mまで上っていくと、峠の手前に広場がある。ここに駐車して、尾根に取り付く。
 西に行けば東床尾山、東に行けば鉄鈷山。
 まず、東床尾山に向かう。



 尾根に上がると、気持ちのいい樹林帯が続く。



 ちょうどヤマボウシの白い花が綺麗な時期で、時々現れるピンクの花がひときわ目を引く。





 約1時間で一等三角点のある東床尾山山頂に到着するも、残念ながら、ガスに覆われて眺望は殆どなかった。



 45分で同じ道を引き返し、鉄鈷山へ向かう。



 15分ほど登ると、前方に鉄鈷山が見えた。



 20分で三等三角点を通過。



 そして視界がひらけると、樹々の間から先ほど登った東床尾山も見ることが出来た。



 登山口から35分で鉄鈷山山頂に到着。



 同じ道を引き返し、25分で駐車地点に帰着。
 3時間弱で2座制覇。
 踏み跡は薄いが、迷いやすいところにはテープや標識がある。
 マイナーながらこのルートは、自然林の気持ちのいい尾根歩きが楽しめるお手軽ルートだ。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 11:27Comments(0)但馬の山

2018年05月25日

早くも見ごろ?のささゆり

高御位山は、雨上がりの日は成井登山口から登ることにしている。
 そろそろササユリが咲き始める頃だなとは思っていたが、けもの道に踏み込むと直ぐに真っ白なササユリが咲いているのが目に飛び込んできた。



 お花畑まで登るとピンクの花がつぎつぎと。



 三輪付けている株ももうすぐ開花しそう。



 登っていくとつぎつぎと出迎えてくれる。



 尾根に上がる手前には二輪の花。



 下山路の階段道でも沢山咲いている。



 こちらの三輪の株のつぼみはまだ固い。



 9丁辺りまで次々と。





 けもの道では20輪ほど、階段道でも10輪ほど咲いていた。
 今年の見頃は早そうだ。



  


Posted by もーさん  at 13:56Comments(0)高御位山