にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2018年10月13日

真教寺尾根から赤岳を下る

 10日朝、赤岳の夜明けは快晴だった。
 5時40分、甲武信ヶ岳の辺りからご来光。



 昨日は雲勝ちだった八ヶ岳の眺望は、今日は蓼科山までくっきりと見渡せた。



 朝7時の雲海に浮かぶ光景



 富士山のシルエットも素晴らしい。 



 赤岳山頂



 権現岳2715mとその後には南アルプスの山並み



 左手が昨日歩いた県界尾根で、右手が今から下る真教寺尾根



 こちらの尾根も標高2600m辺りまで鎖場が続き、気が抜けなかった。



 樹林帯まで下り、山頂を振り返る



 扇山2356mー牛首山2280mとシラビソの尾根を下り、12時前に駐車地点に下山。
 歩行距離:7,7km 歩行時間:4時間30分
 下山途中10人ほどの方と出会ったが、逆周りの人はあまりいないようだった。
 確かに、美し森から真教寺尾根を登り、県界尾根から下山するのが自然な登り方だと思った。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 11:26Comments(0)全国の山

2018年10月13日

県界尾根から赤岳に登る

 8日は北横岳下山後、河童の湯で汗を流してからコンビニで食料調達し、清里の美し森駐車場で車中泊。
 夜、一時雨が降ったが夜半には星空になり、朝起きると快晴の青空になっていた。
 当初は真教寺尾根から登り、県界尾根から下山するつもりだったが、9月末の台風で県界尾根が荒れているとの情報があったので、逆周りに変更した。
 県界尾根に取り付くには舗装路歩きが2kmあるので、少しでもこれを短縮しようと途中のチェーン脱着場まで車を移動して出発。
 舗装路を歩いていると、赤岳山頂が見える瞬間があり、鎖場の続く尾根から頂上山荘までの稜線がくっきりと見えたのには感動した。
 




 歩き始めて1時間で県界尾根に取り付き、さらに1時間で小天狗2178mに到着。
 この間倒木が1本あっただけで、問題なく歩けた。
 小天狗から大天狗へとシラビソ林の快適な尾根歩きが続く。



 大天狗を過ぎてしばらく歩くと樹林帯が終わり、岩壁が現れる。標高は約2600m地点。
 眺望もいいので、少し早いがここでランチタイム。



 食事中に鎖場を降りてくる人がいたので、無断でモデル撮影。
 話を聞くと、真教寺尾根から登り、ここまで4時間できたとここと。
 若い人にはかなわない。



 ここから山頂まで飽きるほど鎖場が続く。



 約1時間登ってようやくゴールの頂上山荘が見えた。



 今夜お世話になる赤岳頂上山荘。



 雲が多くて山頂からの眺望はイマイチだったが、阿弥陀岳の後に沈む夕日は幻想的だった。



 歩行時間:5時間30分  歩行距離:8.0km

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 10:26Comments(0)全国の山

2018年10月12日

北横岳と縞枯山を周回

 10月のはじめに北アルプスの紅葉ハイキングを予定していたが、台風24号襲来で断念。
 8日から数日天気が安定するとのことなので、一人で気軽に歩けるところをと思い、夏に続いて八ヶ岳に出かけることにした。
 7日朝高砂を出発し、地道を10時間余り走って塩尻市の道の駅小坂田公園で車中泊。
 ここは200台以上駐車スペースがある大きな道の駅だった。
 8日朝、45km車を走らせて北八ヶ岳ロープウエイ山麓駅へ。
 8時の始発で山頂駅に上がり、北横岳へ向かう。
 歩き始めると、ロープウエイ山頂駅付近に広がる溶岩台地(坪庭)は、紅葉真っ盛りの秋色だった。





 整備された登山道を約1時間で北横岳2472m。
 北側に蓼科山が見えるはずだが、残念ながら雲の中だった。



 同じ道を引き返して坪庭に戻り、南側の縞枯山に向かう。
 坪庭から約1時間で縞枯山2403m。
 山頂は樹々に囲まれているので少し歩いて展望台へ。



 眼の前にどっしりとした茶臼山が見えるが、その左手奥に聳えているはずの天狗岳は雲の中だった。



 眼の前に広がる樹林は常緑樹のシラビソが主体だが、所々に黄葉樹林帯もあり、秋の色を感じながらランチタイムを過ごす。



 帰路は周回路を歩いてロープウエイ駅へ向かう。
 途中、縞枯れたシラビソ帯がたびたび出現するが、これは心配無用の自然現象で、移動しながら再生していくようである。



 ロープウエイ駅近くまで戻ると、北横岳の山並みを綺麗に見ることができた。



 ロープウエイで下っていく車窓からの黄葉が、日差しに輝いて綺麗だった。
 この山の一番の紅葉スポットはこの移動空間の中かもしれない。



 歩行時間:4時間50分  歩行距離:9.4km

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 20:28Comments(0)全国の山

2018年08月25日

桜平から硫黄岳-根石岳を周回

 北八ヶ岳徘徊3日目の22日は、桜平駐車場から硫黄岳と根石岳を周回。
 桜平駐車場駐車場はカーナビで検索してもルートが分からなかったが、昨日、唐沢鉱泉へ行く途中に桜平へ分岐点があることが分かった。
 分岐地点の標識に「桜平へ6km 30分」と書かれていたが、でこぼこ道の悪路は時速10kmくらいでしか走行できず、確かに30分かかった。
 桜平駐車場は、手前に40台止められてトイレのある「中駐車場」と750m奥に10台ほどの「上駐車場」があるが、平日なので上駐車場まで入った。思ったとおり数台止まっているだけで、車中泊者の車は他にはなかった。
 静かな夜を過ごし、夜明けとともに起きて朝6時に出発。
 ゲートで閉められているが、車が走れる広い道を約30分歩くと夏沢鉱泉。



 夏沢鉱泉からは緩やかな登山道になり、約40分でオーレン小屋。



 オーレン小屋からは夏沢峠への道と赤岩の頭への道と2ルートあるが、赤岩の頭の方へ進む。
 シラビソ林の道は途中から急坂になり、約1時間で樹林帯を抜けると赤岩の頭。



 眼の前には赤岳や阿弥陀岳などの南八ヶ岳の山々。



 赤岩の頭から20分で広い頂上の硫黄岳山頂2742m。



 暫らく南八ヶ岳の眺望を楽しむつもりだったが、突然湧き上がったガスで眺望が閉ざされてしまったので北側の根石岳に向かう。
 


 こちら方面は晴れ渡り、昨日見えなかった天狗岳を綺麗に見渡せた。



 約30分で夏沢峠の、モモンガが住んでいるというやまびこ山荘に到着。



 小休止してから根石岳へ向かって登り返す。
 緩やかな登り道を約40分で箕冠山(みかぶりやま)。
 眼の前に根石岳と、その左奥に西天狗岳が顔を見せていた。



10分で根石岳山頂2603m。
 南側に硫黄岳と、その後ろに赤岳、阿弥陀岳が頭を出していた。



 根石岳から50分でオーレン小屋に下り、登ってきた道を1時間戻って登山口に帰着。
 晴れ渡った空の下、10年前に歩いた南八ヶ岳の山並みと、昨日ガスで見えなかった天狗岳を見渡すことができ、満足の一日だった。
 歩行時間5時間50分、歩行距離13,3km。

 下山後、天気予報をチェックすると、台風20号が我が家の辺りを襲来するとのことなので、もう1日予定していた北八ヶ岳の山旅を打ち切って帰路についた。

         my homepage

  


Posted by もーさん  at 17:38Comments(0)全国の山

2018年08月24日

唐沢鉱泉から天狗岳を周回

 20日夜は唐沢鉱泉の無料駐車場で車中泊。
 標高1880mの明け方は少し肌寒く、ダウンを着てシェラフに包まれてちょうどいい具合だ。
 5時過ぎに起きて、バーナーで湯を沸かして朝食。
 6時25分:唐沢鉱泉の前を通って出発。



 途中で渋の湯からのルートと合流し、昨日下った道を登っていく。



 2時間で黒百合フュッテに到着。



 そして、中山峠から東天狗岳に向かう。
 今日は生憎の曇り空で、東天狗岳は見えるが、右手の西天狗岳はなかなか全貌を見せてくれない。



 東天狗岳に取り付く。



 30分ほどで山頂が近づく。



 中山峠から1時間余で東天狗岳山頂に到着。



 ガスで眺望がないのですぐに西天狗岳へ向かう。



 20分で西天狗岳山頂2646m。



 ガスで景色が見えないので、眺望は明日に期待し、西尾根から唐沢鉱泉に下山。
 歩行時間6時間10分、歩行距離9.8kmだった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 22:32Comments(0)全国の山