にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2018年07月19日

涼を求めて白馬雪渓を登る

 7月上旬に梅雨が開けると連日35度超えの猛暑が続き、近場の山には暑くて登れない。
 涼を得るため、白馬岳の大雪渓を目指してFT君と出かけた。
 16日朝高砂を出発し、夜は白馬アルプスオートキャンプ場でテント泊。
 17日朝、バスターミナル6時発のバスで猿倉へ。
 猿倉登山口から約1時間歩くと白馬尻。
 アイゼンを装着して雪渓に足を踏み入れると、これまでの汗が一気に引き、最初は心地よく歩いていく。





 しかし、雪渓歩きは結構ハードで、2時間余かかって葱平に到着したときには足はガクガク。
 足下に広がるキンポウゲのお花畑が、何とか息を整えさせてくれた。



 花に癒やされながら、1時間半ほどかかって稜線に上がる。



 宿舎は白馬山荘。
 夕方、宿舎前から見える立山連峰がきれいだった。



 翌朝、4時22分の日の出に合わせて、1号館の上の高台に上がる。
 4時40分:ご来光。



 5時からの朝食を済ませ、6時30分宿舎を出発し、下山口の栂池自然園へ向かう。
 小蓮華岳に登る稜線で振り返ると、白馬岳-白馬鑓ヶ岳-五竜-鹿島槍ヶ岳への稜線が連なっていた。



 鹿島槍ヶ岳の右奥に浮かぶ穂高連峰と槍ヶ岳をアップ。



 出発から3時間半で白馬大池に到着し、ここで小休止。
 大池から小蓮華岳を望む景色は絵になる。



 乗鞍岳を越えると現れる雪田を慎重に下る。



 中の原湿原で、下って来た雪田を見ながら昼食休憩。



 湿原から約1時間で栂池自然園に到着し、ロープウエイとゴンドラを乗り継いて下山。
 予想を超えるハードな2日間だったが、真夏の雪遊びを堪能した2日間だった。
  歩行時間 17日 約7時間    18日 約6時間
  歩行距離 17日  8.2km     18日 10.5km

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 23:00Comments(0)全国の山

2018年05月13日

花と大展望の大辻山

 立山を下山後、11日夜は車中泊し、翌12日は立山駅北側にある大辻山1361mに登って行きた。
 芦峅寺集落から、標高約930m地点の登山口まで、林道を車で一気に上がる。
 駐車場前にある長尾山登山口から登り始めると、すぐにイワカガミがお出迎え。



 続いてイワウチワ。



 またまたイワカガミ。



 長尾山から長尾奥山へとピークをアップダウンしながら標高を上げていく。



 次第に剥き出しの木の根が張り出した急坂が連続するようになる。



 植生もブナ林になる。



 イワウチワの花は山頂付近までつづく。



 そして、2時間で大辻山山頂。
 我々は3番目に到着したが、続々と人が増えていく。
 土曜日とは言え、なかなかの人気ぶりだ。



 それもそのはずで、ここは僧ヶ岳-毛勝山-剣岳-大日岳-立山-浄土山-薬師岳-鍬崎山の大展望が広がる展望台だった。


          剣岳-大日岳-立山


          剣岳をアップ


          立山をアップ

 1時間近く眺望を楽しんでから下山していると、続々と登っていく50人くらいの人とすれ違った。
 道中はイワカガミとイワウチワの歓迎を受け、山頂は立山連峰の大展望が待っている、大辻山は素敵な山だった。

            my homepage
 
  


Posted by もーさん  at 22:24Comments(0)全国の山

2018年05月13日

新雪の立山に登る

 11日、IM君と立山に登ってきた。
 予てから5月の連休明けに残雪の立山に登る予定をしていたところ、出発予定の前々日から天気が崩れて高山は雪とのこと。
 室堂の山荘に問い合わせると、昨日は15センチの積雪とのことだったが、翌日から天候は回復するとのことなので出発を決行した。
 10日午後、室堂に到着。
 室堂は大勢の観光客で溢れていたが、そのほとんどは外国の方々だった。



 宿泊する雷鳥荘に行くと、この日も午前中に25センチの積雪があったとのことだった。  
 しかし、夕方にはガスが晴れ、立山が真っ白な姿を見せてくれて一安心。



 11日朝5時に起き、快晴の空のもと、朝弁当を持って雷鳥沢へ向かう。



 IM君はスノーシューを履き、小生はアイゼンとワカンを履いて、雷鳥沢の左手から剱御前小舎を目指して登っていく。



 最初は順調だったが、稜線近くは急坂になり、ピッケルを使って何とか切り抜けた。
 そして、切り立った尾根を慎重に歩き、雷鳥沢のテント場から2時間30分かかって剱御前小舎に到着。
 


 剱御前小舎から40分で別山南峰2874m。



 ここからの剱岳が圧巻!



 何時までも去りがたい眺望が広がっているが、稜線は風速15mの強風が吹き荒れ、立っておれない。
 取り合えす別山北峰2880mまで行き、雄山への周回は断念して、地吹雪に顔を打たれながら剱御前小舎に引き返す。



 剱御前小舎からの下山尾根。



 そして、雷鳥沢へ一気に下り、剱御前小舎から雷鳥沢テント場までは1時間10分だった。



 季節外れの深雪と強風に阻まれ、立山周回こそ出来なかったが、新雪で真っ白に耀く北アルプスの稜線歩きを堪能した一日だった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 21:13Comments(0)全国の山

2017年10月01日

錦繍の御嶽山

 9月29日、IHさん、FT君と黒沢口から御嶽山に登ってきた。
 6合目の中の湯温泉駐車場から登り始めると、7合目を過ぎた辺りから樹々が色づいていく。
 歩きにくい木の階段を登ること約1時間40分で、8合目の女人堂に到着すると、視界が開け、紅葉が広がった。



 8合目から上は索漠とした世界になるが、時々草紅葉が目を楽しませてくれる。



 下を見ると、錦繍の世界。



 9合目を過ぎて、剣ヶ峰への立入禁止標識を右手に曲り、2ノ池へ。



 2ノ池から賽の河原を通って摩利支天2959mへ向かう。



 摩利支天乗越から摩利支天山頂へは往復1時間かかるようなので、ピークを踏むのは断念して5ノ池小屋へ下る。 



 5ノ池小屋で昼食休憩してから3ノ池へ。



 3ノ池周辺のナナカマドはきれいに色づき、日差しに輝いて見事!



 そして、8合目へ下る周回ルートは色とりどりの秋色に染まり、何度も足が止まる。





 御嶽山黒沢ルートは、聞きしに勝る素晴らしい紅葉ルートだった。
 コースタイム: 6合目登山口ー(1時間40分)ー8合目ー(2時間)ー2ノ池ー(40分)ー摩利支天乗越ー(20分)ー5ノ池小屋ー(30分)ー3ノ池ー(1時間30分)ー8合目ー(1時間30分)ー6合目登山口  合計8時間10分
 歩行距離:約13km

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 16:06Comments(0)全国の山

2017年07月29日

西穂高岳

 梅雨明け10日の晴天を期待して、IM君と西穂高岳2909mに出かけた。
 27日早朝に高砂を出発し、新穂高ロープウエイしらかば平駅12時45分発のロープウエイ7分で西穂高口へ。
 2km、標高差200mを1時間30分歩いて、標高2350mにある西穂山荘に到着し、ここで宿泊。
 28日朝、トタン屋根をたたく雨音で起床。
 天気予報では9時頃までに雨は止むとのことなので、朝食後予定通り西穂高岳を目指す。
 西穂山荘から15分で丸山2452m。



 丸山から1時間で独標2701m。



 独標からの下りが一番高度感があったが、足場はしっかりしているので慎重に足を運べば問題なし。



 独標から30分でピラミッドピーク。



 ナイフリッジに見える稜線は、浮石もなく問題なく歩ける。



 そして、西穂山荘から約2時間30分で、いよいよ独標から11番目のピークである西穂高岳への登りになる。



 山頂標柱が見えた!



 10分で山頂2908.8m。



 山頂に着く直前に雨が上がり、風で雲が流れ、奥穂高岳へつづく岩稜群が姿を現してくれた。



 誰も来ない山頂で、しばらく奥穂高岳山頂の雲が晴れるのを待っていたが、これ以上は限界と見極めて下山。
 下山途中、西穂高岳を目指す5~6人の方とすれ違ったが、大半の方は独標で引き返したようで、2時間20分で山荘に帰着すると、山荘は大勢の人で賑わっていた。



 槍ヶ岳までくっきりと見える絶景は見れなかったが、荒々しい穂高の岩稜を歩くことが出来て満足の2日間だった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 14:18Comments(0)全国の山