にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2017年10月01日

錦繍の御嶽山

 9月29日、IHさん、FT君と黒沢口から御嶽山に登ってきた。
 6合目の中の湯温泉駐車場から登り始めると、7合目を過ぎた辺りから樹々が色づいていく。
 歩きにくい木の階段を登ること約1時間40分で、8合目の女人堂に到着すると、視界が開け、紅葉が広がった。



 8合目から上は索漠とした世界になるが、時々草紅葉が目を楽しませてくれる。



 下を見ると、錦繍の世界。



 9合目を過ぎて、剣ヶ峰への立入禁止標識を右手に曲り、2ノ池へ。



 2ノ池から賽の河原を通って摩利支天2959mへ向かう。



 摩利支天乗越から摩利支天山頂へは往復1時間かかるようなので、ピークを踏むのは断念して5ノ池小屋へ下る。 



 5ノ池小屋で昼食休憩してから3ノ池へ。



 3ノ池周辺のナナカマドはきれいに色づき、日差しに輝いて見事!



 そして、8合目へ下る周回ルートは色とりどりの秋色に染まり、何度も足が止まる。





 御嶽山黒沢ルートは、聞きしに勝る素晴らしい紅葉ルートだった。
 コースタイム: 6合目登山口ー(1時間40分)ー8合目ー(2時間)ー2ノ池ー(40分)ー摩利支天乗越ー(20分)ー5ノ池小屋ー(30分)ー3ノ池ー(1時間30分)ー8合目ー(1時間30分)ー6合目登山口  合計8時間10分
 歩行距離:約13km

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 16:06Comments(0)全国の山

2017年07月29日

西穂高岳

 梅雨明け10日の晴天を期待して、IM君と西穂高岳2909mに出かけた。
 27日早朝に高砂を出発し、新穂高ロープウエイしらかば平駅12時45分発のロープウエイ7分で西穂高口へ。
 2km、標高差200mを1時間30分歩いて、標高2350mにある西穂山荘に到着し、ここで宿泊。
 28日朝、トタン屋根をたたく雨音で起床。
 天気予報では9時頃までに雨は止むとのことなので、朝食後予定通り西穂高岳を目指す。
 西穂山荘から15分で丸山2452m。



 丸山から1時間で独標2701m。



 独標からの下りが一番高度感があったが、足場はしっかりしているので慎重に足を運べば問題なし。



 独標から30分でピラミッドピーク。



 ナイフリッジに見える稜線は、浮石もなく問題なく歩ける。



 そして、西穂山荘から約2時間30分で、いよいよ独標から11番目のピークである西穂高岳への登りになる。



 山頂標柱が見えた!



 10分で山頂2908.8m。



 山頂に着く直前に雨が上がり、風で雲が流れ、奥穂高岳へつづく岩稜群が姿を現してくれた。



 誰も来ない山頂で、しばらく奥穂高岳山頂の雲が晴れるのを待っていたが、これ以上は限界と見極めて下山。
 下山途中、西穂高岳を目指す5~6人の方とすれ違ったが、大半の方は独標で引き返したようで、2時間20分で山荘に帰着すると、山荘は大勢の人で賑わっていた。



 槍ヶ岳までくっきりと見える絶景は見れなかったが、荒々しい穂高の岩稜を歩くことが出来て満足の2日間だった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 14:18Comments(0)全国の山

2016年07月29日

白山で花三昧

 梅雨が開けた割にはすっきりしない空模様がつづくので、景色が見えなくても楽しめる白山2702mに登ることにした。
 折角の花のベストシーズンなので、お花松原まで足を伸ばして室堂で一泊する計画で出発。
7月26日(火) 
車で別当出合に向かう道中、時折激しい雨に出会ったが、夕方駐車場に到着した時には丁度雨は上がった。
7月27日(水)
 朝5時40分に駐車場を出発し、砂防新道から南竜ヶ馬場を経由して、トンビ岩コースを通って室堂へ。
 7.9kmを約5時間かかったが、沿道は花がよく咲いていて飽きることがなかった。
 そして、12時丁度に最高峰の御前峰2702mを踏み、直ぐさま今日のハイライトであるお花松原へ向かう。
 ガスが漂う不安定な空模様だが、翠ヶ池とその向こうに剣ヶ峰と御前峰が見える瞬間は気持ちよく晴れていた。



 御前峰から1時間ほど下るとお花松原。
 数人しか出会わなかった静かな花園には、アオノツガザクラの絨毯の中に、ハクサンコザクラやクロユリ、ミヤマキンバイ、ミヤマダイコンソウなどが所狭しと群生していた。









 1時間半かかって登り返し、お池巡りしながら室堂へ。
 池の畔にはチングルマも咲いていた。



 室堂からお花松原往復は7.3kmで、歩行時間は約5時間だった。

7月28日(木)
 朝4時55分の御来光は、残念ながら雲の隙間から陽が漏れる程度で終わる。



 その後、お池巡り短縮コースで室堂に戻る途中、昨日のお花松原より綺麗にハクサンコザクラが群生していてビックリ。



 3.9km、1時間50分の御来光周回は十分楽しく、お得感があった。



 下山路は観光新道。
 6年前の8月下旬に歩いた時もこのコースの花の多さに感動したが、今日はその時の比ではないくらい圧倒的な花盛りだった。













 後半の殿ヶ池避難小屋から別当出合までは歩きにくい急坂が続くが、観光新道はその苦労を差し引いても余りある花三昧のコースだ。
 室堂から別当出合まで、6.2kmを4時間かけて下った。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 22:35Comments(0)全国の山

2015年09月26日

紅葉の北穂高岳に登る

 FT君と、紅葉の北穂高岳に登ってきた。
 涸沢ヒュッテのHPを見ていると9月末が一番の見頃のようだが、天気予報では26、27日が雨のようなので、少し早いが23~25日に行くことにした。ところが行ってみると、結局24,25日が雨になり26日から晴天が続くことになってしまった。
 しかし、雨が降りだしたのは北穂高岳下山後だったので、山頂からの絶景も堪能でき、満足の紅葉登山を楽しむことが出来た。
 23日朝7時、涸沢で幕営するため、15kgのザックを背負って上高地を出発。
 6時間半かかって涸沢の入口に到着。
 涸沢岳がイイ感じで見え、気持ちがワクワク。
 
涸沢入口

 標高2300mの涸沢に到着すると、目の前に素晴らしい絶景が広がった。

涸沢

涸沢

 そして、テント泊。

テント泊

 24日朝、5時37分、モルゲンロートで穂高が染まった。

モルゲンロート

 6時55分、北穂高岳へ向かう。

北穂高岳へ

 中腹から涸沢カールを見下ろす。

中腹からカールを見る

 南陵を登り、2時間50分で北穂高岳山頂3106mに到着。

北穂高岳山頂

 山頂からは鋭い穂先の槍ヶ岳3180mがすぐ目の前に見えていた。 

槍ヶ岳

 登る途中から降り始めていた雨が下山後本降りになり、一晩中雨が降り続いたが、夜明けとともに小雨になり、時折ガスの合間から見える紅葉もなかなかのものだった。

 紅葉の涸沢岳

 テントを撤収し、雨が降り止まない中を5時間20分かかって下山。
 後半は予想外の雨に苦戦したが、帰ってみればそれも含めて紅葉の涸沢と穂高岳を満喫の山旅だった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 19:44Comments(0)全国の山

2015年08月02日

絶景の奥穂高岳を堪能

 快晴の奥穂高岳に登ってきた。
 11年前に登った時は天気が悪くて遠望できず、カールの雄大さが一番印象深かった。
 今回も天気予報では、大気が不安定との事だったので過度な期待をせずに出発。
 しかし、予想に反して7月30日こそまずまずの天候だったが、山頂アタックの31日と下山日の8月1日はこれ以上望めない快晴に恵まれ、夏の北アルプスを満喫することが出来た。
 同行者はIM君とFT君。
 29日はほうの木平で車中泊し、30日朝7時すぎに上高地を出発。
 6時間余り歩いて標高2300mの涸沢ヒュッテに到着。
 ヒュッテから眺めるカールは雄大で、さわやかな風に吹かれながら、いつまでも飽きることがなかった。

涸沢ヒュッテ

 翌31日朝5時頃、快晴の穂高岳がモルゲンロートに輝いた。
 
モルゲンロート

 6時から山頂へ向かい、ザイテングラートを登っていく。
 途中で見下ろすカールの眺めも素晴らしい。

ザイテングラート

 3時間余りで奥穂高岳山頂3190mに到着。

奥穂高岳山頂

 南西側には西穂高岳へ向かう稜線が続き、ジャンダルムには何人かの人影。

ジャンダルム

 北側には、涸沢岳と北穂高岳との間に槍ヶ岳の穂先が見えていた。

槍ヶ岳

 暫し眺望を楽しんでから、絶景の穂高岳を満喫するため前穂高岳まで足を伸ばすことに。
 
前穂高岳へ

 尾根を少し歩いて行くと鎖場が現れ、鎖を持って下っていく。
 この辺りが核心部で、面白いところだった。

鎖場

 小さなアップダウンを繰り返しながら吊尾根を歩いて行く。

吊尾根

 奥穂高岳山頂から1時間10分で紀美子平に到着。
 ここから前穂高岳山頂3090mへは往復1時間かかるので、山頂を見上げるだけにして登頂を断念。 

前穂高岳

 同じ道を引き返して、この日は涸沢小屋に宿泊。
 こちらも100人の定員に近い宿泊者で賑わい、食事も美味しかった。
 翌朝も素晴らしいモルゲンロートを見てから下山し、大満足の穂高岳登山を終えた。

 7月30日 歩行距離17.6km(上高地‐涸沢ヒュッテ)歩行時間6時間20分
 7月31日 歩行距離10.6km(涸沢ヒュッテ‐奥穂高岳山頂‐前穂高岳紀美子平‐涸沢小屋) 歩行時間8時間10分(行動時間9時間30分)
 8月1日  歩行距離18.3km(涸沢小屋‐上高地) 歩行時間6時間

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 22:46Comments(0)全国の山