にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2018年04月02日

残雪の扇ノ山

 山仲間5人で扇ノ山1310mに登ってきた。
 積雪期の扇ノ山は林道歩きが長くて手強いが、4月に入ると県道が除雪されているので少しは楽に歩けるだろう、と出かけた。
 天気はよく、暖かく風もない絶好のハイキング日和。
 鳥取県八頭郡姫路集落の県道と林道の分岐までほとんど残雪もなかった。
 ワカンをザックにつけて出発すると、途中から雪道になり、ツボ足ではズボズボ嵌まり込むのでワカンを履いて歩いていく。



 去年取り付いた尾根には既に雪がなくて笹が起きていたので登るのを断念し、林道を詰めて登山口まで歩いていく。



 沢沿いの登山道入口付近はルート取りが難しく、慎重に通過。



 出発から3時間半かかって漸く尾根に上がる。



 林道歩きで疲れた体を鞭打ち、尾根歩き1時間半でやっと山頂への最後の登りになった。



 5時間かかって山頂に到着。



 山頂からの眺望は、少し霞んでいたが氷ノ山方面が見渡せた。



 氷ノ山をアップ。



 山頂小屋で遅い昼食を済ませて下山開始。
 昨年登った尾根の残雪は、思ったよりありそうなのでそちらから下山。



 気温が高いせいか、ワカンを履いても足を取られて思うように歩けず、登り5時間、下り2時間40分、歩行距離13.9kmの長い雪中行軍だったが、残雪期の扇ノ山を堪能することが出来た。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 10:55Comments(0)中四国の山

2018年03月04日

絶景の大山

 昨日、山仲間7人で大山に登ってきた。
 駐車場から登山口に向かう途中に見える青空の下で純白に輝く山容が、胸の鼓動を高める。



 アイゼンを装着し、1合目、2合目、3合目と次第にきつくなっていく傾斜に耐えながら登っていく。
 5合目を過ぎると樹林帯が終わり、視界が広がる。



 1時間40分で6合目避難小屋に到着。
 右手に三鈷峰や甲ヶ山の荒々しい稜線を眺めながら一休み。



 そして、6合目から8合目の一番きつい傾斜を踏ん張っていく。



 8合目を過ぎると傾斜は緩やかになるが、今度は強くなった風に耐えながらの行進。



 2時間40分で、賑わう山頂に到着。



 何度見ても素晴らしい剣ヶ峰への稜線。



 剣ヶ峰をバックに記念写真。



 下山はいつも通り元谷へ降りて、北壁を眺める。



 青空のもと、眺望満点の大山登山だった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 08:16Comments(0)中四国の山

2018年02月17日

氷ノ山吹雪で敗退

 今日、山仲間5人で、わかさ氷ノ山スキー場から氷ノ山を周回する予定で出かけた。
 スキー場に到着し、パトロール事務所でリフトの運行状況を聞くと、風速が19mあるため上部リフトは休止中とのこと。
 やむなく氷山命水のところから往復することにしてそちらに向かうと、朝からの降雪で車がスタックして坂を上れない。
 結局、車はスキー場の無料駐車場に入れ、そこから氷山命水の取り付き点まで歩くことに。
 ようやく10時40分、取り付き点に到着し登り始める。
 雪は降っているが、何とか我慢できる。
 20分ほど歩いて雪原が広がると、やっと雪山の雰囲気になった。



 20分ほどで雪原を抜け、樹林帯に入ると次第に風がきつくなっていく。



 そして、尾根への急坂。
 吹き降りて顔を叩く雪の冷たさに耐えながら、深雪の急斜面をジグザグにルート開削して登っていく。



 30分ほどの深雪との格闘を終え、尾根に着くと風速20mの吹雪が待ちうけていた。
 完全にこれ以上の登高意欲を失い、少し下ったところの避難小屋へ向かう。





 避難小屋で凍てた体を温めながらゆっくりとランチタイムを過ごし、下山開始。



 深雪の登りは苦しいが、下りは気持ちいい!



 雪原下りも!



 下山後、氷山命水のところで記念撮影。



 今日は氷ノ山越えで敗退したが、風速20mの吹雪を体感した、記憶に残る山歩きだった。
 
 歩行時間は、登り2時間、下り1時間。
 歩行距離は、往復6.1kmだった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 22:28Comments(0)中四国の山

2017年07月20日

大ボウシの稜線を往復

昨日、 yamayaさんのヒマ山隊7人で、名前が印象的な鳥取県の大ボウシ1059mに登ってきた。
 国道29号線の戸倉峠を越えて、若桜町大野集落の権現社前の植林地から取り付く。標高は約360m。



 いきなり、斜度40度ほどの激坂登りが始まる。



 標高差約300mを1時間かかって喘ぎながら登りきると、先ほどまでの苦痛が嘘のような自然林の極楽尾根。



 爽やかな風が通り抜ける気持ちいい尾根歩きがつづく。



 歩行時間約2時間30分で、3等三角点(点名:大宝)のある山頂に到着。





 山頂は南側が開け、赤谷山から三室山までの稜線を見渡すことが出来た。


  赤谷山から波佐利山の稜線


  赤西山から三室山の稜線

 帰路は同じ道を引き返し、1時間40分で下山。
 歩行距離は6.8kmだった。

          my homepage 
 
  


Posted by もーさん  at 20:50Comments(0)中四国の山

2017年05月05日

扇ノ山で残雪と新緑を楽しむ

 昨日、山仲間6人で、残雪と新緑を楽しめる広留野から、扇ノ山に登ってきた。
 広大な大根畑から林道に入ると、直ぐに新緑の雪道になった。
 無雪期なら単調な林道歩きも苦にならない。



 出発から1時間40分で畑ヶ平登山口。



 直ぐに、日差しを浴びて淡緑に光るブナの巨樹林になった。 
 何とも贅沢な山歩き!







 真っ白なタムシバもよく映える。



 どこでも歩ける斜面を登って山頂へ。



 畑ヶ平登山口から1時間35分で山頂に到着。



 山頂からは、氷ノ山が綺麗に見渡せた。



 山頂でゆっくり過ごし、同じルートを下山。
 登り3時間15分、下り2時間25分、歩行距離往復13.9km。
 快晴無風の穏やかな天候にも恵まれ、新緑と残雪の贅沢な山歩きを楽しんだ。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 11:13Comments(0)中四国の山