にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2018年04月09日

西谷公園から「西谷」「茅野」を周回

 yamayaさんのヒマヤマ隊3人で、多可町八千代の西谷(さいだに)公園からの周回ルートを歩いてきた。
 440m、483m、456m、429m、469m、490m、49?m、481mと10近いピークが連なる周回ルートだが、4等三角点のある434mPKと3等三角点のある481mPKに「西谷」「茅野」の点名があるものの、地理院2万5千地図には一つも山名表記がない山域だ。
 ウエブを開いてもほとんどヒットしないこんな山域が歩けることををどうやって調べるのか?
 yamayaさんの調査力には敬服です。
 公園入口にある看板によると、この辺りはは赤穂藩の飛び地で、大石内蔵助縁の地とのこと。



 H19年に公園として整備された散策コースの石段から登っていく。



 しかし、10年の歳月で散策道は荒れ果ててしまっていて、半ヤブ状態の道が続くが、ミツバツツジが満開なので救われる。



 約30分歩いて立派な展望台に到着。
 北側に眺望が開け、左手直ぐ近くの笠形山は見えないがその右手から千ヶ峰へつづく山並みが見渡せた。



 展望台からしばらくは気持ちのいい尾根歩きになった。



 そして、出発から1時間余で4等三角点「点名:西谷」434.3mに到着。



 この辺りに笠形山から千ヶ峰への稜線が綺麗に見渡せるポイントがあった。



 ヤブと倒木を掻き分けると、散策道終点の休憩舎。



 散策道は終わり、ここから沢沿いの林道を下って公園に戻るが、周回尾根はまだつづくのでそちらに進む。
 眺望はないが、こちらの尾根のほうが快適なルートがつづいていた。
 そして、出発から約4時間で3等三角点のある「点名:茅野」481.2mに到着。



 最後に急坂を降って林道に降り立ち、西谷公園に帰着。

 歩行時間:4時間50分。歩行距離:7.3km.
 9峰のピークがあり、距離の割にはハードだった。
 折角の散策ルートが荒れ果てているのが残念だったが、山歩きとしてはこの方が面白い。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 20:51Comments(0)播磨の山

2018年04月04日

飯野山城跡

 昨日、yamayaさんのヒマヤマ隊6人で、佐用町の飯之山223m(4等三角点)に登ってきた。
 国道373号線久崎信号を約1.5km北上し、佐用川円光寺橋袂の空地に駐車して太田八幡宮への階段を登っていく。



 神社右手から登山道を登っていくが、意外と急坂である。



 登ること5分でピークに上がりるが、祀られている愛宕神社が倒木に覆いかぶされて痛々しかった。



 少し下ってから暫くは、緩やかな尾根道が続く。



 しかし、飯之山山頂への最後の登りは、ずり落ちそうになる急坂だった。



 出発から1時間10分で飯之山山頂に到着。



 四等三角点は主郭のあった最高点から少し下ったところにあった。



 そして、標高差60mほどを一気に降ると、大避神社。



 長い階段を下ると国道373号線に降り立ち、駐車地点に戻っていく。
 途中、作用川の堰堤で満開の桜をめでながら、先ほど歩いた飯野山城の稜線を前に置いてティータイム。
 


 歩行時間:2時間20分 歩行距離:4.8km
 予想より急坂の尾根道があったが、桜を愛でながらのゆったりとした山歩きを楽しんだ。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 17:57Comments(0)播磨の山

2018年03月29日

コウヤミズキ満開の秋葉山

 yamayaさんのヒマヤマ隊11人で、宍粟50名山別選の秋葉山449mに登ってきた。
 宍粟市山崎町土万(ひじま)の炭焼き広場に駐車して出発。



 旧土万小学校の校舎右手から登ってビオトープを過ぎると、青空を背景にした満開のコウヤミズキが現れる。



 可憐な花をアップ。



 1時間で秋葉山(三等三角点:点名神宮司山)山頂。



 下山路途中にコウヤミズキの群落があるとのことなので、そちらへ向かう。



 15分ほど下ると、黄色い花が無数に散りばめられた木々が次々と現れた。





 昼食はコウヤミズキの花を見ながら食べて下山。
 歩行時間は2時間、歩行距離4,6kmのお花見ハイキングだった。
 
 帰路に直ぐ近くの二反沢峠の群落地にも立ち寄ると、こちらはコウヤミズキの木々が密生し、峠道をいっぱいに黄色い花が埋め尽くしていた。





 桜の花見は何処ででも出来るが、この花見が出来るところはあまり無いらしい。
 あまり経験できないお花見ハイキングだった。

          my homepge

  


Posted by もーさん  at 22:08Comments(0)播磨の山

2018年03月15日

鴨池から網引湿原-明寺台へ

 昨日、yamayaさんのヒマヤマ隊7人で、鴨池周回散策道付近の探索ハイキングを行った。
 春の陽気につつまれた鴨池駐車場から出発。



 「自然歩道鴨池一周コース」の標識に従って歩いていく。



 古い道標のところを「みとろ」方向に、藪化した廃道に分け入る。



 獣避けフェンスを開くと、加西市の網引(あびき)湿原の真新しいトイレ前に出るので、左手に進んで湿原に入る。





 そして、この日のハイライトである4等三角点点名:明寺台131,15mへ、藪をかき分けながら向かう。
 峠のNHKアンテナの管理道入口から登ること15分で、ヤブに埋もれていた三角点を見つけて記念写真。



 ため池の畔に下山して、山頂を振り返る。



 近くの住吉神社に立ち寄り、昼食休憩後古道の分岐道標まで引き返して鴨池周回コースに復帰。



 周回コースを約1時間歩いて、鴨池駐車場に戻った。

          my homepage



 周回コースだけでは単調だが、途中の網引湿原や埋もれた三角点探訪を挟むと、変化があって楽しいところだった。
 歩行時間:3時間30分。歩行距離:8.8km。

  


Posted by もーさん  at 08:46Comments(0)播磨の山

2018年02月21日

浅瀬山城跡から虚田山へ

yamayaさんのヒマヤマ隊6人で、秀吉軍の攻撃によって上月城とともに落城した浅瀬山城跡321mと虚田山(おそだやま)378mに登ってきた。
 出発点は佐用町の宿泊施設である笹が丘荘。
 かって日本一の長さを誇った滑り台の横を上っていく。



 まず、遊歩道を歩いて、浅瀬山城跡を目指す。



 40分で浅瀬山城跡。



 展望台からは、北側に大撫山が見渡せた。



 大撫山山頂の天文台をアップ。



 虚田山へのルート入口が分かりにくく、しかも掘割を下って通過するのが少々危険で要注意だった。
 


 掘割を越えれば、あとは尾根道を歩き約40分で3等三角点のある虚田山。
 山頂は広いが、眺望はなく、何故か伐採木が沢山放置されていた。



 虚田山から392mピークへは、粗踏み跡のある尾根道を約20分。



 392mピークからは踏み跡が次第に薄くなっていくが、15分ほどで林道に出合う。
 ここは林道ではなく、左手の{下山路}の標識の方向に進む。



 途中、踏み跡が消えて藪化したところは、GPSで方向を確認しながら歩き、林道に出会ってから約3km歩いて駐車地点に帰着。
 浅瀬山城跡までは散策ルートで、そこから虚田山までは歩きやすい尾根道だが、虚田山からは一部藪化した杣道と荒れた林道歩きへと、進むに連れて変化していくルートだった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 22:27Comments(0)播磨の山