にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2018年12月08日

角蓮寺山から中山へ藪山周回

 yamayaさんのヒマ山隊4人で、三田市にある三等三角点の角蓮寺山337.6mと四等三角点の中山311.5mを周回してきた。
 中山は三田市内の三角点の山で一番低いとのこと。
 どちらも登路のない山なので藪山衣装で踏み込む。
 下青野公園からまず角蓮寺山へ向かう。
 大堰橋からの角蓮寺山。



 橋を渡ってすぐの道路跡から取り付き、ヤブの薄いところを探しながら上を目指す。



 約1時間で三等三角点:点名角蓮寺337.67mに到着。



 下山路も藪が途切れることなかったが、薄いところをジグザグに縫いながら40分で下山。
 地道を20分歩いて、池の辺りで昼食休憩してから中山に取り付く。



 こちらは藪がほとんどない快適尾根。



 25分で四等3角点:点名中山311.5mに到着。



 灌木に阻まれて眺望はないが、葉を落とした木々の間から、東側に一等三角点のある千丈寺山589.6mが垣間見れた。



 一旦下って登り返すと、国土地理院の地図に「中山」の山名が記されている307mピーク。
 三角点のピークではなくなぜ標高の低いこちらに山名があるのかな?
 と思いながら下っていくと、周りは綺麗に除草されて愛宕大神が祀られている祠が現れた。
 


 祠からは10分で県道309号に下山。
 帰路途中、中山の山並みを振り返る。



 歩行距離:7.6km、歩行時間:3時間45分の前半は手古摺ったが、後半は快適?尾根だった。

          my homepage  


Posted by もーさん  at 22:57Comments(0)阪神・淡路の山

2018年11月15日

森林植物園へハイキング

 元職場のOB仲間14人で六甲山の森林植物園に行ってきた。
 再度公園駐車場から東門まで4km、園内散策2km、西門から駐車場へ3km歩いて、合計約9kmのウオーキングを楽しんだ。

 無料の再度公園駐車場
 

 きれいに色付いた修法ケ原池の紅葉


 トウエンティクロスから東門に入る


 紅葉の道


 陽光に輝く


 長谷池






 帰路途中の紅葉


 歩行時間は約4時間、素晴らしい晴天の下での紅葉ハイキングだった。

          my homepage  


Posted by もーさん  at 22:42Comments(0)阪神・淡路の山

2018年09月20日

逢山峡から古寺山へ

 ようやく猛暑が終わり、近くの山歩きが楽しめる季節になって来たので、まずは渓流歩きからと思い、昨日、裏六甲の逢山峡へ出かけた。
 神戸電鉄有馬口駅前の駐車場から約20分歩くと逢山峡入り口。
 ここからハイキングシューズを沢靴に履き替えて、沢に入る。
 最近は雨の日が多いので、水量は多い。



 余り濡れたくないので浅いところを選んで遡行していく。



 こういうところはヘツリながら歩いていく。



 いい感じがつづく。





 水に浸かってしまわなくては遡行できないところや砂防ダムに突き当たると、周りを見渡せば高巻きのルートが必ずあった。
 分岐は左手に進んで、猪ケ鼻滝まで行く。



 引き返して鍋ヶ谷滝の沢へ。
 どちらも地図に記されているだけあってなかなか迫力のある滝だった。



 三条の滝。



 沢靴をザックに入れているハイキングシューズに履き替え、渓谷から離れて古寺山へ向かう。
 荒れた沢筋を約50分で古寺山山頂636m。



 あとは登山道を約50分下って逢山峡入り口に帰着。
 歩行距離10,6km(うち、有馬口駅前から逢山峡までの舗装路が往復2,6km)
 歩行時間5時間10分。
 ここならもう少し暑いときでも来れそうだ。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 11:16Comments(0)阪神・淡路の山

2018年04月28日

有馬富士

 昨日、職場のOB仲間9人で、三田市の有馬富士374mに行ってきた。
 有馬富士南側の公園から登るつもりだったが、ナビが案内してくれた駐車場が共生センター駐車場。
 施設の人に「ここはどこ?」と聞くと、有馬富士の北側にある施設とのことで、「こちらからも登れる」と教えてくれたのでそうすることにした。
 教えてもらっと方向に進むと「パークセンター3,2km」の標識が現れたので、獣避け扉を開いて登山道に入る。



 案内板を見ると「パークセンター」が書かれておらず、普通標識には「山頂」への表示があるはずだが、これがない。
 何ともチグハグだ。 



 木の階段を登りり始める。



 新緑がきもちいい。



 アップダウンを何回かくり返し、30分歩いたところで山頂が見えてきた。



 山頂への登りは、最後が岩場の道になった。



 1時間5分で山頂に到着。



 山頂から見渡すと、六甲山の山塊が目の前に横たわっていた。



 皆さんには南側の有馬富士公園に下山してもらい、私とuさんで公園に車を回しておくことにした。
 30分で同じところに下山し、車を有馬富士公園に回す。
 自然学習センターの裏手にまわると、有馬富士の全景が綺麗に見渡せた。
 本日の歩行距離は3.8kmだった。



            my homepage

   


Posted by もーさん  at 14:18Comments(2)阪神・淡路の山

2017年12月09日

駒宇佐八幡宮から奥山を周回

yamayaさんのヒマ山隊6人で登る。
 出発点の駒宇佐八幡宮は奥に広い境内が続く江戸時代に建立された神社。

 

 本殿の左手から登っていく。
 ルートは判然としないが、適度な傾斜の常緑樹の尾根を登っていく。



 約50分で#33鉄塔に到着。
 目の前に千丈寺山が近い。



 その右手に、小さいが形のいい山が見えるのでクローズアップ。
 帰って調べると有馬富士だった。



 昨夜の降雪で白い世界になった尾根を登っていく。



 鉄塔から20分で奥山山頂580m。
 山頂からの眺望はなく、小さなプレートと#35と彫られた境界石柱があるだけだった。



 山頂から北に進むと、20分ほどで渓谷への下りに入る。



 雪と落ち葉で滑りやすく、木に捉まりながら慎重に下ると奥山川渓谷に降り立った。
 渓谷を右に左に何回か渡渉しながら、歩けるところを歩いて行く。
 なかなか奥深い雰囲気のある沢がつづく。



 沢歩き約40分で堰堤が現れ、そこから林道を少し歩くと出発地点に帰着した。
 駐車場手前で、鉄塔から山頂への稜線が見渡せた。



          my homepage


  


Posted by もーさん  at 23:37Comments(0)阪神・淡路の山