にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2018年06月14日

東床尾山と鉄鈷岳をピストン

 yamayaさんのヒマヤマ隊4人で登る。
 東床尾山839mは兵庫100山に選定されている人気の山だが、尾根を東側にたどっていくと鉄鈷(かなとこ)岳775mがある。
 西床尾山843mと合わせて糸井三山と呼ばれているとのこと。
 西床尾山と東床尾山の周回ルートはよく歩かれているが、鉄鈷山へのルートは余り歩かれていない。
 ヒマヤマ隊好みは、当然このマイナールートだ。
 西床尾山の登山口前を過ぎて、東床尾山登山口を左に見ながら綺麗に舗装された林道床尾線を約3km、標高約640mまで上っていくと、峠の手前に広場がある。ここに駐車して、尾根に取り付く。
 西に行けば東床尾山、東に行けば鉄鈷山。
 まず、東床尾山に向かう。



 尾根に上がると、気持ちのいい樹林帯が続く。



 ちょうどヤマボウシの白い花が綺麗な時期で、時々現れるピンクの花がひときわ目を引く。





 約1時間で一等三角点のある東床尾山山頂に到着するも、残念ながら、ガスに覆われて眺望は殆どなかった。



 45分で同じ道を引き返し、鉄鈷山へ向かう。



 15分ほど登ると、前方に鉄鈷山が見えた。



 20分で三等三角点を通過。



 そして視界がひらけると、樹々の間から先ほど登った東床尾山も見ることが出来た。



 登山口から35分で鉄鈷山山頂に到着。



 同じ道を引き返し、25分で駐車地点に帰着。
 3時間弱で2座制覇。
 踏み跡は薄いが、迷いやすいところにはテープや標識がある。
 マイナーながらこのルートは、自然林の気持ちのいい尾根歩きが楽しめるお手軽ルートだ。

          my homepage



同じカテゴリー(但馬の山)の記事画像
残雪と新緑の扇ノ山
雪の蘇武岳
みづめ桜から樽見の大桜まで縦走
プチ吹雪の氷ノ山
爽やかな秋風の鉢伏山
来日岳を周回
同じカテゴリー(但馬の山)の記事
 残雪と新緑の扇ノ山 (2018-04-30 08:51)
 雪の蘇武岳 (2018-02-25 13:54)
 みづめ桜から樽見の大桜まで縦走 (2017-04-20 20:48)
 プチ吹雪の氷ノ山 (2017-02-19 11:18)
 爽やかな秋風の鉢伏山 (2016-09-10 22:17)
 来日岳を周回 (2016-05-24 07:17)

Posted by もーさん  at 11:27 │Comments(0)但馬の山

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。