にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2008年09月28日

蒜 山



 今日は山の仲間の定例登山で蒜山に登った。
 上蒜山1202mと中蒜山1122mの縦走ハイキング。
 
 車1台を中蒜山の塩釜冷泉登山口に廻し、上蒜山から登り中蒜山に降りてくる計画。
 約7kmのコースだ。

 朝6時、16人が車4台で高砂を出発し、9時前に上蒜山スキー場駐車場に到着。
 標高は550m。
 この数日、急に冷え込み肌寒い。曇り空で、気温は13℃だった。

 9時15分に駐車場を出発。
 牛舎の傍を通り登山道に入っていく。

 登り始めるといきなりの急登。 
 そんなに長くは続かないだろうと思っていたが、結局8合目約1000mまでそこそこの急登が続いた。



 しかし、高度が上ると視界が開け、眼下にはゆったりとした蒜山高原が広がり、北側には鳥ヶ山に重なって大山が見える。



 11時35分:縦走路から左に分岐したヤブの道を10分ほど進むと上蒜山三角点に到着。
 展望も表示もなく三角点があるだけだった。

 頂上では16人が座るスペースがないので、他の登山者の通行の邪魔をしながら分岐地点で昼食。
 大勢で来ると熱い味噌汁やコーヒーがいただけるのがうれしい。
 ここが上蒜山の最高点1202mらしい。

 12時30分:中蒜山に向かって出発。
 標高約1000mまでいったん下るが、この下り道がが滑りやすい石ころの急坂。
 ドスンドスンと代わる代わる滑り合いをしながら下りて行った。

 
 
 中蒜山への登りは気持ちのいい縦走路だった。
 ゆったりとした笹の道。ユートピアと言うらしい。
 登る前に縦走のイメージとして思い描いていた道だった。



 13時30分:中蒜山頂上に到着。
 広く展望のいい頂上だった。



 13時45分:下山開始。
 中蒜山からの下り道もよく滑る石の急坂。
 これまた滑る回数を競いながら下りて行った。

 15時15分:塩釜冷泉の登山口に到着。
 下りにしては汗びっしょり。
 登りより下りに神経と筋肉を使う一日だった。

       



同じカテゴリー(中四国の山)の記事画像
残雪の扇ノ山
絶景の大山
氷ノ山吹雪で敗退
大ボウシの稜線を往復
扇ノ山で残雪と新緑を楽しむ
大展望広がる銀嶺の東山
同じカテゴリー(中四国の山)の記事
 残雪の扇ノ山 (2018-04-02 10:55)
 絶景の大山 (2018-03-04 08:16)
 氷ノ山吹雪で敗退 (2018-02-17 22:28)
 大ボウシの稜線を往復 (2017-07-20 20:50)
 扇ノ山で残雪と新緑を楽しむ (2017-05-05 11:13)
 大展望広がる銀嶺の東山 (2017-03-26 06:31)

Posted by もーさん  at 23:58 │Comments(0)中四国の山

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。