にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2018年09月24日

唐滝を見に笠形山に登る

昨日、3年ぶりに唐滝を見ようと、山仲間を誘って笠形山に行った。
 グリーンエコー笠形のオウネン平から、沢沿いの林道を30分ほど、入渓地点である3段目の砂防ダムまで歩く。
 倒木を潜りながら砂防ダム内に入る。



 前は入渓できたところも倒木で覆われていて、30分ほど先人が開いてくれた巻道を歩いていく。



 この途中にスズメバチの巣があったようで、2名が刺される事態が発生。
 沢に入って水で冷やすなど手当していると、次第に症状が安定してきたので山頂を目指すことに決定。



 入渓して30分で幻の滝・唐滝に到着。
 初めてのメンバーが、予想以上の見事な流れに感激の声を上げる!
 連日の雨で水量も多く、素晴らしい!



 しばし休憩のあと、滝の上部に上がる。
 上からの眺めも迫力がある。
 


 そして、滑滝が連なる沢を登っていく。
 


水量があるので気持ちのいい沢登りがつづく。





 歩き始めて4時間、ようやく登山道に合流。



 そして山頂へ。



 下山は北尾根ルートを下る。
 山行時間6時間30分。歩行距離8.9km。
 ますます難コースになった上、アクシデントもあり、長い一日だった。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 14:40Comments(0)播磨の山

2018年09月20日

逢山峡から古寺山へ

 ようやく猛暑が終わり、近くの山歩きが楽しめる季節になって来たので、まずは渓流歩きからと思い、昨日、裏六甲の逢山峡へ出かけた。
 神戸電鉄有馬口駅前の駐車場から約20分歩くと逢山峡入り口。
 ここからハイキングシューズを沢靴に履き替えて、沢に入る。
 最近は雨の日が多いので、水量は多い。



 余り濡れたくないので浅いところを選んで遡行していく。



 こういうところはヘツリながら歩いていく。



 いい感じがつづく。





 水に浸かってしまわなくては遡行できないところや砂防ダムに突き当たると、周りを見渡せば高巻きのルートが必ずあった。
 分岐は左手に進んで、猪ケ鼻滝まで行く。



 引き返して鍋ヶ谷滝の沢へ。
 どちらも地図に記されているだけあってなかなか迫力のある滝だった。



 三条の滝。



 沢靴をザックに入れているハイキングシューズに履き替え、渓谷から離れて古寺山へ向かう。
 荒れた沢筋を約50分で古寺山山頂636m。



 あとは登山道を約50分下って逢山峡入り口に帰着。
 歩行距離10,6km(うち、有馬口駅前から逢山峡までの舗装路が往復2,6km)
 歩行時間5時間10分。
 ここならもう少し暑いときでも来れそうだ。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 11:16Comments(0)阪神・淡路の山

2018年08月25日

桜平から硫黄岳-根石岳を周回

 北八ヶ岳徘徊3日目の22日は、桜平駐車場から硫黄岳と根石岳を周回。
 桜平駐車場駐車場はカーナビで検索してもルートが分からなかったが、昨日、唐沢鉱泉へ行く途中に桜平へ分岐点があることが分かった。
 分岐地点の標識に「桜平へ6km 30分」と書かれていたが、でこぼこ道の悪路は時速10kmくらいでしか走行できず、確かに30分かかった。
 桜平駐車場は、手前に40台止められてトイレのある「中駐車場」と750m奥に10台ほどの「上駐車場」があるが、平日なので上駐車場まで入った。思ったとおり数台止まっているだけで、車中泊者の車は他にはなかった。
 静かな夜を過ごし、夜明けとともに起きて朝6時に出発。
 ゲートで閉められているが、車が走れる広い道を約30分歩くと夏沢鉱泉。



 夏沢鉱泉からは緩やかな登山道になり、約40分でオーレン小屋。



 オーレン小屋からは夏沢峠への道と赤岩の頭への道と2ルートあるが、赤岩の頭の方へ進む。
 シラビソ林の道は途中から急坂になり、約1時間で樹林帯を抜けると赤岩の頭。



 眼の前には赤岳や阿弥陀岳などの南八ヶ岳の山々。



 赤岩の頭から20分で広い頂上の硫黄岳山頂2742m。



 暫らく南八ヶ岳の眺望を楽しむつもりだったが、突然湧き上がったガスで眺望が閉ざされてしまったので北側の根石岳に向かう。
 


 こちら方面は晴れ渡り、昨日見えなかった天狗岳を綺麗に見渡せた。



 約30分で夏沢峠の、モモンガが住んでいるというやまびこ山荘に到着。



 小休止してから根石岳へ向かって登り返す。
 緩やかな登り道を約40分で箕冠山(みかぶりやま)。
 眼の前に根石岳と、その左奥に西天狗岳が顔を見せていた。



10分で根石岳山頂2603m。
 南側に硫黄岳と、その後ろに赤岳、阿弥陀岳が頭を出していた。



 根石岳から50分でオーレン小屋に下り、登ってきた道を1時間戻って登山口に帰着。
 晴れ渡った空の下、10年前に歩いた南八ヶ岳の山並みと、昨日ガスで見えなかった天狗岳を見渡すことができ、満足の一日だった。
 歩行時間5時間50分、歩行距離13,3km。

 下山後、天気予報をチェックすると、台風20号が我が家の辺りを襲来するとのことなので、もう1日予定していた北八ヶ岳の山旅を打ち切って帰路についた。

         my homepage

  


Posted by もーさん  at 17:38Comments(0)全国の山