にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2023年02月05日

天児屋山 深雪と霧氷を纏った巨樹の森をスノーハイク

 昨日、今年も雪の天児屋山を訪れた。
 天気のいい土曜日とあって、スノーボーダーやスキーヤーで賑わうちくさ高原スキー場から出発。
 40分ほど除雪されていない県道を歩き、峰越峠の登山口に到着。
 高低差30mほどを登ると、あとはほぼ平坦な尾根歩きになる。
 右手がブナ林、左手が植樹林の尾根を30分ほど歩くと、ブナの巨樹が林立した広々とした森になる。
 いつ来ても荘厳な気持ちに満たされるところだ。





 登山口から約1時間で宍粟50名山の三国平1128mに到着。



 ここから天児屋山までは夏道のない冬ルートだが、この日はしっかりしたトレースを辿るので歩きやすい。
 そして、待ちかねていた霧氷の森!





 アップダウンを何回か繰り返しながら登っていくと広々とした雪原が現れる。
 ここは時間が止まったような気持ちに浸れる異空間だ。





 三国平から1時間ほどで天児屋山1245m山頂。





 昼食後、同じ道を下山。
 山頂からの眺望は、ガスで閉ざされていたのが残念だったが、気持ちのいいスノーハイクが楽しめた。
 歩行距離:10.2㎞ 歩行時間 登り:2時間40分 下り2時間



          my homepage

          yamareco
  


Posted by もーさん  at 17:10Comments(0)播磨の山

2023年01月30日

深雪の東山

 昨日、山仲間と3人で、宍粟市の東山1016mに登ってきた。
 フォレストステーション波賀に到着し、雪支度をして出発すると、
 昨日まで続いた10年ぶりの大寒波襲来で、積雪は十分だった。
 GPSに予定ルートを入れてきたが、ラッセルしていたら日が暮れてしまうので、先行者の歩いたトレースを辿らせてもらう。



 尾根に上がると、樹々は霧氷を纏っていた。



 4等三角点のある上東山のベンチの雪布団は、今までで一番分厚かった。



 しばらくは快適な尾根歩き。



 樹林帯を抜けると山頂は近い。


 
 途中、2グループとすれ違ったが、山頂には4グループ十人ほどで賑わっていた。





 小雪が舞い始めた山頂で、凍えながらランチタイム過ごし、谷コースから下山。



 30分ほど林道を歩き、子供たちを雪遊びに連れてきた家族連れでにぎわうフォレストステーション波賀に帰着。
 


 天候にも恵まれ、今シーズン初めての雪山ハイキングを楽しむことができた。
 歩行時間 登り:2時間40分 下り:1時間20分 歩行距離:7.8㎞



         my homepage

         yamareco
  


Posted by もーさん  at 14:47Comments(0)播磨の山

2023年01月24日

桶居山 ヤブ化した直登ルートを登る

 22日(日)に、山仲間5人で桶居山247mに、直登ルートで登ってきた。
 熊瀧大明神裏から登るこのルートは、12年前に登ったことがあり、当時の記録では20分で登っている。
 しかし、ヤマレコやヤマップを見てもここから登ったレコが見当たらないので、ヤブ化しているのではないかと懸念ていたら、思ったとおりだった。
 熊瀧大明神の裏に行って取付き点を探し回っても、笹薮と灌木に覆われては入り口が見つからない。
 やむなく記憶を頼りに、笹薮の薄いところをかき分けて踏み込んでいく。



 5人のメンバーが左右に分かれ、ルートを探しながら登っていく。
 しばらくすると「黄色いペンキ跡を発見」の声が上がる。
 安堵して、そちらに合流。



 このようなことを何度か繰り返し、笹薮に潜む茨を避けるのに手間取りながら登っていく。
 次第に傾斜が増していき、45度を超えるようになると岩が壁になって立ちふさがりはじめる。
 岩壁は、手掛かりや足掛かりがあるときは攀じ登り、見当たらなければ迂回して登れるところを探して登っていく。





 悪戦苦闘しながら、約1時間で三等三角点のある桶居山山頂に到着。
 予想よりヤブ化していて手間取ったものの、プチ冒険で掻いた汗が気持ちよかった。



 山頂からは鷹ノ巣山264mへ縦走。
 


 前方に姫路市街地を見ながら別所奥山215mへ。



 姫路城をアップ。



 振り返ると、鷹ノ巣山から主峰高御位山304mまでの山並みが見渡せた。



 そして、北宿山209mへ下り、駐車した別所中池へ下山した。
 歩行距離:7,5㎞ 歩行時間4時間50分

           my homepage

           yamareco
  


Posted by もーさん  at 14:30Comments(0)高御位山