にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2020年11月26日

県境尾根から三室山に登る

 昨日、積雪期に何回か歩いた大通峠から県境尾根を歩いて三室山1358mに登るルートを歩いてきた。
 同行者はいつものIHさんとIM君。
 大通峠の登山口から上がると、すぐにブナの古木が林立する御根道が続く。

県境尾根から三室山に登る

 紅葉が終わって樹々が冬の装いになっている中、ひときわ目を引くのが真っ赤なマユミの実だった。

県境尾根から三室山に登る

県境尾根から三室山に登る

 標高約1050mの登山口から小さなアップダウンを繰り返しながら、1時間余歩いて100mほど高度を上げたところで笹原になり、積雪時にはここを目標にするオブジェ横を通過すると、いよいよ山頂への登りになる。

県境尾根から三室山に登る

 この辺りからの笹原は濃いヤブで、最近ルートが開かれたので無雪期でも登れるようになった。

県境尾根から三室山に登る

 出発から2時間で2等三角点(点名三室山)のある山頂に到着。
 
県境尾根から三室山に登る

 休憩している間に数名のグループが次々と到着し、平日なのに賑やかな山頂になっていった。

県境尾根から三室山に登る

 曇り空で少し見晴らしは悪いが、北側にゆったりと尾根を広げている氷ノ山が見渡せた。

県境尾根から三室山に登る

 氷ノ山をアップ。

県境尾根から三室山に登る

 360度の展望台でしばし眺望を楽しんでから同じ道を下山。
 積雪時は雪を蹴って駆け下りる笹原を、笹で滑らないようにゆっくりと、前方に沖ノ山や東山を遠望しながら下っていった。

県境尾根から三室山に登る

 かっては秘境だったというこの尾根が手軽に歩けるようになり、三室山は親しい山になった。
 歩行時間:登り2時間 下り1時間20分
 歩行距離:6.4km
 
          yamareco

          my homepage


同じカテゴリー(播磨の山)の記事画像
飯盛山から平荘湖畔を周回
霧氷輝く氷ノ山に登る
残雪の東山は春山
雪の天児屋山
快適な巡視路とプチ藪歩きが楽しめる高山
大藤山の蛇が池から西尾根を周回
同じカテゴリー(播磨の山)の記事
 飯盛山から平荘湖畔を周回 (2021-04-20 14:26)
 霧氷輝く氷ノ山に登る (2021-02-26 10:40)
 残雪の東山は春山 (2021-02-22 11:26)
 雪の天児屋山 (2021-02-13 14:50)
 快適な巡視路とプチ藪歩きが楽しめる高山 (2021-02-04 11:30)
 大藤山の蛇が池から西尾根を周回 (2021-01-31 16:13)

Posted by もーさん  at 20:54 │Comments(0)播磨の山

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。