にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2020年12月01日

黒田城跡から天狗山へ

 昨日、yamayaさんと黒田官兵衛生誕地の伝承がある黒田城跡から天狗山484mに登った。
 駐車場横の石段を上がって稲荷神社にお参りしてから、池の畔のけもの除け扉を開くと黒田城跡への登山道になる。

黒田城跡から天狗山へ

 登山道では50mごとに「官兵衛遊歩道」の表示が誘導してくれる。

黒田城跡から天狗山へ

 1時間余でにしわき10山の地図に山頂と記されている見張り櫓跡に到着。
 後ろに見える2段の岩壁があるピークがこれから向かう天狗山。

黒田城跡から天狗山へ

 見張り櫓跡からは北西方向に眺望がひらけ、笠形山や千ヶ峰が見渡せた。

黒田城跡から天狗山へ

 ここから天狗山までがこのルート1番の難路で、斜度40度近い落葉の急坂を、立木を手がかりにしながら登って何とかクリア。

黒田城跡から天狗山へ

 見張り櫓跡から約30分で上段の岩壁に到着し、西側に開けた眺望を楽しみながら一休み。

黒田城跡から天狗山へ

 岩壁からは歩きやすい道になり、15分で4等三角点のある天狗山山頂に到着。

黒田城跡から天狗山へ

 天狗山からは、尾根を100m下り150m上っていくと播丹境界にある557mピーク。
 ピークは標識も眺望もないところだが、ツインの大岩が印象的だった。

黒田城跡から天狗山へ

 下山は対峙する妙見山との間の乢から峠道を下り、荘厳寺(しょうごんじ)に寄り道。
 荘厳寺では名残の紅葉が迎えてくれた。

黒田城跡から天狗山へ

 歩行時間:4時間20分 歩行距離:8.0km
 見張り櫓跡までは散策道だったが、そこから天狗山までは過酷な道。
 その落差に肝を冷やしたが、最後に訪れた荘厳寺が疲れを癒やしてくれた。


同じカテゴリー(播磨の山)の記事画像
飯盛山から平荘湖畔を周回
霧氷輝く氷ノ山に登る
残雪の東山は春山
雪の天児屋山
快適な巡視路とプチ藪歩きが楽しめる高山
大藤山の蛇が池から西尾根を周回
同じカテゴリー(播磨の山)の記事
 飯盛山から平荘湖畔を周回 (2021-04-20 14:26)
 霧氷輝く氷ノ山に登る (2021-02-26 10:40)
 残雪の東山は春山 (2021-02-22 11:26)
 雪の天児屋山 (2021-02-13 14:50)
 快適な巡視路とプチ藪歩きが楽しめる高山 (2021-02-04 11:30)
 大藤山の蛇が池から西尾根を周回 (2021-01-31 16:13)

Posted by もーさん  at 20:41 │Comments(0)播磨の山

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。