にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2021年02月26日

霧氷輝く氷ノ山に登る

 24日、赤谷山に行く予定をしていたが、23日に登ったレポがyamapにあり、雪が少ない様子だったので急遽氷ノ山1510mに行くことに変更した。
 同行者はIHさんとIM君。
 わかさ氷ノ山スキー場リフトトップからスノーシューで登り始める。
 最初の急登が緩み始めるにつれ、次第に樹々に纏わる霧氷の白さが増していく。

霧氷輝く氷ノ山に登る

 樹々の間からの氷ノ山山頂が神々しい。

霧氷輝く氷ノ山に登る

 ブナの森は真っ白な別世界。

霧氷輝く氷ノ山に登る

霧氷輝く氷ノ山に登る

 三の丸への雪原歩きは、締まった雪で快調。

霧氷輝く氷ノ山に登る

 リフトトップから1時間余で三の丸。
 空気は澄み渡り、標柱のところから氷ノ山山頂がはっきりと見渡すことができた。

霧氷輝く氷ノ山に登る

 氷ノ山に向かって快調に進む。
 
霧氷輝く氷ノ山に登る

 三の丸から1時間余で氷ノ山山頂。

霧氷輝く氷ノ山に登る

 下山路はアイゼンに履き替えて氷ノ越へ。
 午後になっても雪は締まっていて快適に歩けた。

霧氷輝く氷ノ山に登る

 難所の甑岩も難なく通過。

霧氷輝く氷ノ山に登る

 山頂から1時間40分で、わかさ氷ノ山スキー場に下山。
 歩行時間:4時間30分
 歩行距離:8.3km
 快晴、微風、暑くも寒くもなく、眺望全開の樹氷ロード。
 大満足のスノーハイキングだった。

          yamareco

          my homepage


同じカテゴリー(播磨の山)の記事画像
飯盛山から平荘湖畔を周回
残雪の東山は春山
雪の天児屋山
快適な巡視路とプチ藪歩きが楽しめる高山
大藤山の蛇が池から西尾根を周回
大藤山で歴史に触れる
同じカテゴリー(播磨の山)の記事
 飯盛山から平荘湖畔を周回 (2021-04-20 14:26)
 残雪の東山は春山 (2021-02-22 11:26)
 雪の天児屋山 (2021-02-13 14:50)
 快適な巡視路とプチ藪歩きが楽しめる高山 (2021-02-04 11:30)
 大藤山の蛇が池から西尾根を周回 (2021-01-31 16:13)
 大藤山で歴史に触れる (2021-01-22 22:58)

Posted by もーさん  at 10:40 │Comments(0)播磨の山

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。