にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2021年03月30日

高御位山:松の木谷中尾根新ルートを歩く

 高御位山の松の木谷中尾根に新ルートが出来たと聞いたので歩いてきた。
 まず、成井登山口から千込め谷を経由して入住池(上の池)を目指す。



 入住池からは踏み跡が薄くなるが、高低差の少ない谷筋を歩いて松の木谷池を目指す。
 約1時間で松の木谷池手前の取り付き点に到着し、尾根に取り付く。



 標高差約80mの登り切ると、そこは360度山に囲まれた展望台。
 正面には高御位山山頂への山並みが連なる。



 その左手には、高御位山北尾根ルートがゴジラの背へと続く。



 右手には松の木谷尾根と、その向こうには桶居山が頭を見せている。



 そして、振り返ると水を蓄えた松の木谷池と、その奥に高山の稜線が広がる。



 この尾根は、高御位山北側にある3つの尾根の中央の尾根なので、一番山深さを感じることができるのがいい。
 標高約180m前後の稜線をしばらく歩き、高低差約80mの長尾奥山への登りはシダやササ藪を切り開いたプチ藪道になる。



 右手に鷹ノ巣山が見えてきたら主尾根の縦走路に出合う。



 尾根に取り付いてから縦走路出合まで約1時間。
 あとは高御位山山頂まで約20分の快適な尾根歩き。



 最近はコロナ禍で高御位山も賑わっているが、北尾根に踏み入れると静かな山歩きが楽しめる。
 静かなルートのバリエーションが一つ増えたのが嬉しい。




          my homepage

          yamareco

  


Posted by もーさん  at 11:17Comments(0)高御位山

2021年03月29日

鷹ノ巣山直登ルートを登り、但馬守大岩に下る

 最近、高御位山に新ルートが次々と開かれている。
 その一つである鷹ノ巣山直登ルートを登ってきた。
 鹿嶋神社駐車場から馬の背登山口前を通り過ぎ、遊歩道を歩いて鷹ノ巣山直下まで行き、登れそうな岩場に取り付く。
 斜度は35度くらいでフリクションが効いているので滑る心配はない。



 そして、白いペンキが丸くスプレーされているところを進んでいくと安全に登れる。



 取り付いて30分くらいで標高約230m地点の岩壁上に到着。 



 岩頭部で一休みしながら登ってきたルートを見下ろすと気持ちいい!



 小休止後、ひと登りで4等三角点のある鷹ノ巣山264mに到着。



 鷹ノ巣山から約1時間、縦走尾根をアップダウンしながら歩いて高御位山304mまで行き、帰路は但馬守大岩のところに下る。
 下山路は大岩が崩落した岩壁を下る。



 崩落岩壁を下から見る。





 但馬守大岩(ガメラ岩)。約6m✕6m✕4m 約360t
 こんな大きい岩塊が落ちてきたんだ!



          yamareco

         my homepage

  


Posted by もーさん  at 17:31Comments(0)高御位山

2021年02月26日

霧氷輝く氷ノ山に登る

 24日、赤谷山に行く予定をしていたが、23日に登ったレポがyamapにあり、雪が少ない様子だったので急遽氷ノ山1510mに行くことに変更した。
 同行者はIHさんとIM君。
 わかさ氷ノ山スキー場リフトトップからスノーシューで登り始める。
 最初の急登が緩み始めるにつれ、次第に樹々に纏わる霧氷の白さが増していく。



 樹々の間からの氷ノ山山頂が神々しい。



 ブナの森は真っ白な別世界。





 三の丸への雪原歩きは、締まった雪で快調。



 リフトトップから1時間余で三の丸。
 空気は澄み渡り、標柱のところから氷ノ山山頂がはっきりと見渡すことができた。



 氷ノ山に向かって快調に進む。
 


 三の丸から1時間余で氷ノ山山頂。



 下山路はアイゼンに履き替えて氷ノ越へ。
 午後になっても雪は締まっていて快適に歩けた。



 難所の甑岩も難なく通過。



 山頂から1時間40分で、わかさ氷ノ山スキー場に下山。
 歩行時間:4時間30分
 歩行距離:8.3km
 快晴、微風、暑くも寒くもなく、眺望全開の樹氷ロード。
 大満足のスノーハイキングだった。

          yamareco

          my homepage
  


Posted by もーさん  at 10:40Comments(0)播磨の山