にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2018年04月02日

残雪の扇ノ山

 山仲間5人で扇ノ山1310mに登ってきた。
 積雪期の扇ノ山は林道歩きが長くて手強いが、4月に入ると県道が除雪されているので少しは楽に歩けるだろう、と出かけた。
 天気はよく、暖かく風もない絶好のハイキング日和。
 鳥取県八頭郡姫路集落の県道と林道の分岐までほとんど残雪もなかった。
 ワカンをザックにつけて出発すると、途中から雪道になり、ツボ足ではズボズボ嵌まり込むのでワカンを履いて歩いていく。



 去年取り付いた尾根には既に雪がなくて笹が起きていたので登るのを断念し、林道を詰めて登山口まで歩いていく。



 沢沿いの登山道入口付近はルート取りが難しく、慎重に通過。



 出発から3時間半かかって漸く尾根に上がる。



 林道歩きで疲れた体を鞭打ち、尾根歩き1時間半でやっと山頂への最後の登りになった。



 5時間かかって山頂に到着。



 山頂からの眺望は、少し霞んでいたが氷ノ山方面が見渡せた。



 氷ノ山をアップ。



 山頂小屋で遅い昼食を済ませて下山開始。
 昨年登った尾根の残雪は、思ったよりありそうなのでそちらから下山。



 気温が高いせいか、ワカンを履いても足を取られて思うように歩けず、登り5時間、下り2時間40分、歩行距離13.9kmの長い雪中行軍だったが、残雪期の扇ノ山を堪能することが出来た。

          my homepage



同じカテゴリー(中四国の山)の記事画像
絶景の大山
氷ノ山吹雪で敗退
大ボウシの稜線を往復
扇ノ山で残雪と新緑を楽しむ
大展望広がる銀嶺の東山
深雪の扇の山に登る
同じカテゴリー(中四国の山)の記事
 絶景の大山 (2018-03-04 08:16)
 氷ノ山吹雪で敗退 (2018-02-17 22:28)
 大ボウシの稜線を往復 (2017-07-20 20:50)
 扇ノ山で残雪と新緑を楽しむ (2017-05-05 11:13)
 大展望広がる銀嶺の東山 (2017-03-26 06:31)
 深雪の扇の山に登る (2017-03-12 09:08)

Posted by もーさん  at 10:55 │Comments(0)中四国の山

※このブログではブログの持ち主が承認した後、コメントが反映される設定です。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。