にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2020年10月26日

逢山峡から逢ケ山へ

 先月、丹生山系の屏風川を歩いたが、このとき対峙する六甲山系の逢山峡を歩いてみたくなったので、昨日、IHさんとIMくんの3人で歩いてきた。
 神鉄有馬口駅前駐車場から出発して北神戸線高架下を過ぎると、歩くこと約30分で逢山峡。



 途中、何回か沢に降りてみたが、先日の豪雨で水量が多くて水辺歩きは出来なかった。



 これはダムの滝



 轟音を響かせて落下する猪ノ鼻滝。



 仏谷に入る。



 はじめは歩きやすい道だったが、次第にルート不明瞭になり、目印の赤テープを探しながら歩いていく。



 仏谷峠で賑やかに休憩中の30人ほどの大パーティーと出合い、その後から逢ケ山に登っていく。
 高低差100m余りだが、結構な急登。



 峠から約30分で逢ケ山山頂722m。
 山頂には3等三角点(点名:唐櫃があった。



 下山路は風呂ノ谷のルートをとる。
 尾根筋から谷筋へ下る分岐点の表示がなくて分かりにくかったが、ルート自体は分かりやすかった。



 3つつづく砂防ダムを越えると、まもなく神鉄有馬口駅の裏に降り立った。 
 歩行時間4時間
 歩行距離8.5km
 眺望はほぼなかったが、変化のある面白いルートだった。

         yamareco

         my homepage
  


Posted by もーさん  at 17:16Comments(0)阪神・淡路の山

2020年09月22日

ナダレ尾山から屏風川へ

 昨日、丹生山系ナダレ尾山から屏風川の周回ルートを歩いてきた。
 神戸電鉄大池駅前から4差路の天下辻まで約20分。



 天下辻からナダレ尾山まで緩やかな上り道を歩いて約30分。
 4等三角点のある標高527mの山頂は、眺望も山名標識もないところだった。



 山頂から急坂のある尾根を下り切ると屏風川左俣谷。



 そして、屏風川本流に入るといい雰囲気の沢が続く。




 
 屏風岩。



 大樋の滝。



 まだまだいい雰囲気の沢がつづく。





 そして、二条の滝。



 何度か支流に迷い込みながら、2時間余りの沢歩きを堪能して天下辻に戻り、ここで昼食休憩してから下山。
 歩行時間:約4時間 歩行距離7.2km 累積標高294m
 帰ってから歩いたルート地図を見直すと、歩いていない沢にまだまだ見どころがあることが分かったので、又の機会の楽しみにしようと思う。

          yamareco

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 10:50Comments(0)阪神・淡路の山

2020年08月18日

六甲高山植物園を散策

連日の猛暑に負けて山歩きをする気にならないので、昨日、六甲高山植物園に行ってきた。
 標高800mの山上でも気温は30℃になっていたが、それでも地上よりは涼しかった。
 東入口から入って、階段を下ると、まず鮮やかなオレンジのフシグロセンノウのお出迎え。



 この季節に一番目につくのがキレンゲショウマの群落。
 ガイドさんによると、3箇所合わせて3000株の群生は自生地でも余り見れないとのこと。





 その他にも色んな花が咲いていた。

 コバギボウシ


 オオバギボウシ


 オミナエシ


 ヒゴタイ


 エンビセンノウ


 オニユリ


 ノカンゾウ


          yamareco
   


Posted by もーさん  at 10:53Comments(0)阪神・淡路の山

2020年07月03日

森林植物園で紫陽花を堪能

 昨日、紫陽花を見に神戸市立森林植物園へ行ってきた。
 紅葉の森林植物園が素晴らしいことは知っていたが、園内の至るところに沢山の品種が植えられている紫陽花の森林植物園も、なかなか見事だった。
まず、駐車場近くの西洋あじさい園に向かうとすぐに、真っ白な紫陽花が咲き乱れている花園が現れた。
 「アナベル」と品種名が表示されていたが、いきなりこの素晴らしい花園が現れたのに感激!





 そして、進むにつれて次次といろんな品種が現れて飽きることがない。


     ミカワチドリ(三河千鳥)


     ハクチョウ(白鳥)


     ヒメアジサイ(姫紫陽花)


     ベニガク(紅額)


     ウズアジサイ


     オトメ(乙女)


     ルビーのアナベル


     コンペイトウ


     ありがとう

 西洋あじさい園から森林展示館へ下り、一息入れてからあじざい坂を歩いて長谷池に突き当たると、池の中には敷き詰められた睡蓮の丸い葉の間に咲くピンクの花が鮮やかだった。







         yamareco
  


Posted by もーさん  at 20:34Comments(0)阪神・淡路の山

2020年03月25日

丹生山系・古倉山ー金剛童子山を歩く

 昨日、昨年1月に天児屋山でご一緒したurabitoさんのグループが拠点にしている丹生山系のルートを、IHさん、IM君と歩きに行った。
 神鉄大池駅前駐車場を出発し、「太陽と緑の道」の道標に従って山道に入っていく。



 登山口から緩やかに登っていき、10分で天下辻。



 そこから下っていくと中俣谷A沢に降り立ち、しばらく水辺を歩いていく。
 なかなか気持ちのいいルートだ。



 途中の分岐点で屏風川への合流点に向かわず、左手の黒甲越の方に進む。



 右股平から古倉山に取り付き、急斜面を登っていく。



 尾根に上がると緩やかな上りになり、古倉山山頂476mに到着。
 眺望のない山頂には標識も見当たらなかったので、雪稜会の消えかかったプレートの前で記念撮影して、黒甲越に向かう。 



 古倉山から40分で黒甲越に到着し、ここで昼食休憩してから金剛童子山へ向かう。



 途中からルートが不明瞭になったが、20分で3等三角点のある金剛童子山山頂565mに到着。



 下山路は鰻ノ手池前を通り、天下辻に戻ってから登ってきた道を下って、大池駅前駐車場に帰着した。



 整備されたハイキング道、沢歩き、プチ藪、バイクで荒れた道、舗装路と、次々に場面が変わり飽きないルートだった。
 歩行距離:10.3km 歩行時間:4時間10分



          my homepage

  


Posted by もーさん  at 11:28Comments(0)阪神・淡路の山