にほんブログ村 アウトドアブログ 登山へ
にほんブログ村

2019年10月23日

紅葉の氷ノ山

 IM君と大段平から氷ノ山に登ってきた。
 養父市大屋町の横行渓谷から約13km、渓谷沿いの道を30分かかって標高1080mの大段平に到着すると、辺りにはガスが漂っていた。
 登山口周辺のブナ林はガスを纏って幻想的ではあるが、紅葉はこれからというところ。





 しかし、標高を上げるにつれて、次第に色づいていく。
 なかなか見事!





 30分で大屋町避難小屋。



 小屋前の楓が鮮やか!



 登山口から50分で神大フュッテ前。



 山頂避難小屋が見え始める辺りまで登って振り返ると、眼下の山腹が色とりどりの錦繍を纏っているのが見渡せた。



 フュッテ前から40分で山頂に到着。
 化粧直しされた避難小屋前と1等三角点の周りでは、すでに大勢の人が賑やかに昼食休憩中だった。



 ガスが漂っていて見晴らしは良くないが、風もなく穏やかな山頂でゆっくりとランチタイムを過ごしてから同じ道を下山。
 まだまだ秋が深まっていないので、色付きもまだまだかなと思っていたが、予想以上に鮮やかな色付きを見ることができて満足の紅葉ハイキングだった。
 歩行時間 登り:1時間30分 下り:1時間15分
 歩行距離:往復5.8km 

          my homepage
   


Posted by もーさん  at 22:40Comments(0)但馬の山

2019年03月25日

仏ノ尾から青ヶ丸へ

 昨日、以前から歩いてみたいと思っていた仏ノ尾1227mから青ヶ丸1240mへの縦走を、ようやく果たすことができた。
 いつもの山仲間5人で朝6時に高砂を出発。
 香美町小代地区佐坊集落まで車で上がると、昨夜の降雪で数センチ積雪している。
 そして、基幹林道仏ノ尾線に入ると10センチ近く積雪しているので、これ以上の進入を見合わせてヘアピンカーブの路肩に駐車して歩くことにした。
 林道歩き40分で登山口に到着。



 ここからそれぞれスノーシューかワカンを装着し、約1時間でランドマークのクリの巨木に到着。



 この辺りからアイスバーンになった根雪の上に10センチほどの新雪が積もったコンディションに泣かされることになる。
 刃の多いスノーシューはアイスバーンにも何とか対応できたが、ワカン組は刃が立たず、特に山頂直下の急坂で何回もズリ落ちながらの悪戦苦闘を強いられていた。
 


 出発から2時間40分で仏ノ尾山頂に到着。
 この頃からガスが濃くなり、一旦止んでいた小雪が再び降り始める。 



 とにかく行けるところまで行こうと縦走路に踏み入れると、下り基調の快適なブナ林の尾根が続き、30分で1144mピークに到着。
 霧氷を纏った素晴らしいブナ林に感激。



 そして、目の前に青ヶ丸が姿を見せる。



 1153mピークでランチタイムを過ごしてから、仏ノ尾への急坂で体力を消耗して周辺散策する2人を残し、3人で青ヶ丸登頂にアタック。
 高低差約100mの登りは、山頂直下の急坂が難関だった。



 木の助けを借りながら難関を何とかクリアーし、30分で山頂に到着。
 


 振り返ると対峙する仏ノ尾にちょうど日が射していた。



 360度展望できる山頂だが、ガスが漂い扇の山も氷ノ山もよく見えなかったのが残念。
 期待した眺望は良くなかったが、念願のルートを縦走できて満足の山行だった。
 歩行時間 往路:3時間50分 帰路:2時間30分
 歩行距離:11.7km

          my homepage
  


Posted by もーさん  at 10:08Comments(0)但馬の山

2019年02月03日

三の丸から氷ノ山を周回

 ここ数年、わかさスキー場の上部リフトが動かない日ばかりに氷ノ山に登っていたので、久しぶりの周回ルートを歩いてきた。
 天気予報では晴れマークだったので、青空に映える樹氷が見れることを楽しみに、山仲間と3人で出かけた。
 標高約1200mのリフトトップからいい雰囲気に氷結した樹林帯登り始める。



 30分、急坂の尾根を登ると視界が開けて白いブナ林が広がる。
 青い空でないのが残念。



 大勢の登山者で踏み固められているので快調に歩け、1時間で三の丸1462mに到着。



 樹氷の尾根が続く。



 モンスターはイマイチ。  



 リフトトップから2時間10分で氷ノ山山頂1510mに到着。



 大勢の登山者ですし詰めの避難小屋で昼食を済ませ、氷ノ越へ向かう。
 こしき岩は新雪が多かったので難なく通過。



 一瞬、鉢伏山に日が射した。



 ブナの巨木帯。



 結局下山まで青空は現れなかったが、久しぶりに周回ルートを堪能することができた。
 歩行時間:4時間40分。歩行距離:10.2km。

          my homepage  


Posted by もーさん  at 11:08Comments(0)但馬の山

2018年06月14日

東床尾山と鉄鈷岳をピストン

 yamayaさんのヒマヤマ隊4人で登る。
 東床尾山839mは兵庫100山に選定されている人気の山だが、尾根を東側にたどっていくと鉄鈷(かなとこ)岳775mがある。
 西床尾山843mと合わせて糸井三山と呼ばれているとのこと。
 西床尾山と東床尾山の周回ルートはよく歩かれているが、鉄鈷山へのルートは余り歩かれていない。
 ヒマヤマ隊好みは、当然このマイナールートだ。
 西床尾山の登山口前を過ぎて、東床尾山登山口を左に見ながら綺麗に舗装された林道床尾線を約3km、標高約640mまで上っていくと、峠の手前に広場がある。ここに駐車して、尾根に取り付く。
 西に行けば東床尾山、東に行けば鉄鈷山。
 まず、東床尾山に向かう。



 尾根に上がると、気持ちのいい樹林帯が続く。



 ちょうどヤマボウシの白い花が綺麗な時期で、時々現れるピンクの花がひときわ目を引く。





 約1時間で一等三角点のある東床尾山山頂に到着するも、残念ながら、ガスに覆われて眺望は殆どなかった。



 45分で同じ道を引き返し、鉄鈷山へ向かう。



 15分ほど登ると、前方に鉄鈷山が見えた。



 20分で三等三角点を通過。



 そして視界がひらけると、樹々の間から先ほど登った東床尾山も見ることが出来た。



 登山口から35分で鉄鈷山山頂に到着。



 同じ道を引き返し、25分で駐車地点に帰着。
 3時間弱で2座制覇。
 踏み跡は薄いが、迷いやすいところにはテープや標識がある。
 マイナーながらこのルートは、自然林の気持ちのいい尾根歩きが楽しめるお手軽ルートだ。

          my homepage

  


Posted by もーさん  at 11:27Comments(0)但馬の山

2018年04月30日

残雪と新緑の扇ノ山

 昨日、山仲間9人で、残雪と新緑が同時に楽しめる扇ノ山1310mに登ってきた。
 昨年は鳥取県側の広留野から登ったが、今年は兵庫県側の上山高原から登る。
 新温泉町の海上(うみがみ)集落を抜けて、ジグザク道を一気に上がっていくと標高約900mの上山高原に到着。
 辺りは広い草原で、雪の気配は感じられない。



  しかし心配無用で,山支度をして林道を登り始めると、次第に残雪が現れる。



 約1時間で小ズッコ小屋登山口に到着し、小屋ルートから登っていくと、次第に残雪の道になっていった。



 そそて、大ズッコへの登りに入ると見渡す限りの雪原!



 ブナの淡緑と青空と雪原の取り合わせが何とも不思議で心地よい。



 しかし、南側斜面に入ると見事に雪は消える。自然界は繊細。



 山頂への最後の登りも雪の斜面。



 昼前に山頂に到着して昼食休憩していると、続々と大勢が到着。
 さすがにGWのメジャーな山だ。

 歩行時間 登り:2時間50分 下り:2時間40分(少し迂回して遊んだ) 合計:5時間30分
 歩行距離 12.5km



 小屋の前から氷ノ山も綺麗に見渡せた。



          my homepage

  


Posted by もーさん  at 08:51Comments(2)但馬の山